2019年11月09日

個人事業主に向いた法人カード

法人のクレジットカードは、
契約担当者が普段つかっているカードを、
キャンペーンがあるとかを目にして、
そのまま契約している場合も多いようです。

でも、やはりそれぞれのカードに特徴があって、
できるだけ特徴をチェックしたほうがいいみたいですね。

ライフカードは、
わたしは個人で持ったことはないし、
信販系なのでなんとなくいろいろと高いのではとか思ってしまいますが、
法人用にビジネスライトというのがあって、
これは、申込がWEBですべて完結できるそうです。

あと発行までに4営業日というのは短期間ですね。

普通、法人の契約のためには、
決算書が必要なことが多いですが、
それがないというのは作りやすいですね。

個人事業主は、
仕事用のクレジットカードがあると清算するのに便利なので、
1枚もっておくといいのかもしれません。

---------------------------------------------------------

ライフカードビジネスライトのメリットは、申し込みからWEBですべて完結でき、最短4営業日で発行可能という点。決算書の提出が不要で審査書類は本人確認書類のみなため、作成しやすいクレジットカードと言えるでしょう。小規模な法人・個人事業主の方が初めて作る法人カードとして最適です。

(BITDAYS--- -- 2019年11月6日)
-------------------------------------------------------------
posted by クレカクレカ at 18:45| Comment(0) | クレジットカード関連トピックス | 更新情報をチェックする

2019年11月03日

スターバックスのタッチペンで決済

スターバックスが、
非接触で決済可能なボールペン
「スターバックス タッチ ペン」というのがあるそうですね。
はじめて知りました。

タッチペンですから、
ポケットなどにいつも指しておいて、
すぐ使えるというのが便利ですよね。

どうやって使うのか。
決済の先にあるのはなんなのか?

見てみると、どうやらスターバックスカード、
という扱いで管理することになるようです。

スタバにしょっちゅういく人であれば、便利ですよね。

購入時に事前に1000円チャージしたかたちで買うので、
届いたら1000円分はすぐ使えますが、
そこから継続して使っていくのであれば、
便利にいつでもチャージできる環境づくりが必要ですね。

どうやら、スタバのカードとして
オートチャージして使うことができるようなので、
その点も安心です。

---------------------------------------------------------

しかし、「スターバックス タッチ ペン」を「」として管理するためには、ペンに貼られている銀色のシールをはがして確認できる「スターバックスカード番号」と「PIN番号」をMy Starbucksに登録する必要がある。

 My Starbucksのマイページに「Starbucks Card」というメニューがあるので、「新規カード登録」をクリックする。

(ダイヤモンド・オンライン--- -- 2019年10月22日)
-------------------------------------------------------------
posted by クレカクレカ at 12:06| Comment(0) | クレジットカード関連トピックス | 更新情報をチェックする

2019年10月29日

ETCカードの作り方ガイドサイト

あと一週間前後でゴールデンウィークになりますね。
GWにお出かけを予定されている方も多いと思いますが、
国内旅行やドライブで高速道路を利用する人も多いはず。

高速道路を利用するなら、
やはりETCで利用した方が割安ですし、
料金所もスムーズに通れますよね。

GWに高速道路を利用する予定の方で、
ETCの用意をしていない方でも、今からでも充分に間に合います。

高速道路をETCで利用するには、
ETC車載器を車に付け、料金を支払うためのETCカードが必要です。

でも、ETC車載器はカー用品店で1日あれば付けれますし、
ETCカードも早いものなら当日中に作れますし、
一週間前後あれば作れるETCカードもいくつかあります。

それら、ETC車載器の購入やセットアップ、
そしてETCカードの作り方について詳しく紹介されているのが今回ご紹介する
「etc-card.tokyo」さん⇒ です。

急ぎでETCカードを作りたいのでしたら
セゾンカードが発行する
「セゾンカードインターナショナル」か
「パルコカーヘド」がいいようです。

セゾンカウンターがある店舗で、
申し込んだ当日中に発行してしれるそうです。

それと、旅行先でレンタカーを借りて、
高速道路や有料道路を走る方も、
自分のETCカードを持っておくといいですよ。
posted by クレカクレカ at 21:07| Comment(0) | TrackBack(0) | お薦めETCカードサイト | 更新情報をチェックする

2019年10月24日

クレディセゾン「キャッシュパスポートプラチナ」

クレディセゾンといえば、
セゾンカード、永久不滅ポイントが得られる
クレジットカードが思い浮かびます。

そのカードとは違う、
トラベルプリペイドカードというのがあって、
「キャッシュパスポートプラチナ」というカードだそうです。

これは、トラベルというだけあって、
海外、特に留学時に役立つとか。

1枚のカードで9つの通貨に対応していて、
スムーズに支払いができるのがいちばんの特徴だそうです。

それだけでも調べてみるとすごいのですが、
さらに、いま特典が付いているとのこと。

このカードを海外で使うことによって、
よくマイルがたまったりはしますが、
この場合はキャッシュバックが受けられるそうで、
マイルをためている人なら
マイルがたまったほうがいいような気もしますし、
海外にいるのであればその旅費などでも使えて無駄がなさそうにも思います。

でも、留学なので、
現地で生活しながらこのカードを使うケースも多いわけですよね。

であれば、確かにキャッシュバックのほうがいいのかも。

いずれにしても年会費3000円で戻ってくる額があるなんて、
なかなかお得だと思います。

---------------------------------------------------------

先日、クレディセゾンが、トラベルプリペイドカード「キャッシュパスポートプラチナ」の募集を始めた。この「キャッシュパスポートプラチナ」には「Mastercardトラベラーリワード」という特典が付帯する。今回は、この「Mastercardトラベラーリワード」について解説しよう。

「Mastercardトラベラーリワード」とは、海外の参加加盟店で、「Mastercardトラベラーリワード」に登録されたMastercardで決済すると、自動的にキャッシュバックを受けられる特典のこと。

(ダイヤモンド・オンライン--- -- 2019年10月22日)
-------------------------------------------------------------
posted by クレカクレカ at 16:52| Comment(0) | クレジットカード関連トピックス | 更新情報をチェックする

2019年10月13日

チェーン店・アララのハウス電子マネー

電子マネーは、共通で使えるものじゃないと
その店のために登録することになるので
面倒だなあと思っています。

そのため、ハウス電子マネーと呼ばれる
そういったものは私は登録したことがないですね。

ドン・キホーテのMajicaカードは持っていますが、
チャージするのが面倒なため、
結局使わなくなってしまいました。

もっと本当にしょっちゅうドンキを使うのであれば、
チャージをした甲斐があるサービスだろうとは思うのですが、
発行されるクーポンなどが、
ことごとく自分が買うものとはかけ離れており、
利用することができませんでした・・

今度、北海道のアララというチェーン店で、
ハウス電子マネー機能を搭載した
電子マネーが利用できるようになったそうです。

これは、今までの顧客のメリット・デメリット両方あって、
その上で導入されるものなのであれば、
大量に買ったりする人にとっては
有利なカードになりそうですね。

---------------------------------------------------------

アララは、ウロコが展開するスーパーマーケット「リーズナブルショップ ウロコ」において、 ハウス電子マネー機能を搭載した販促支援ツール「point+plus(ポイントプラス)」が採用されたと発表した。

ウロコは、10月11日よりハウス電子マネー「ウロコ+カード」の提供を開始。チャージ単位は1,000円で、チャージ上限は10万円(一回のチャージ上限額は4万9,000円)となる。

(ペイメントナビ(payment navi)--- -- 2019年10月10日)
-------------------------------------------------------------
posted by クレカクレカ at 15:44| Comment(0) | 電子マネー関連ニュース | 更新情報をチェックする

2019年10月05日

Yahoo!でクレジットカード比較サービス開始

キャッシュレス決済だと
消費税増税分が還元される、
ということで、クレジットカードやキャッシュレス決済を
日常的に使おうという人が増えていると思います。

わたしの知りあいでも、
これまで全くその気はなかったのに、
還元されるならばやってみようか・・
とはじめてSuicaでコンビニの買い物をしたとか。

使ってみると、確かに便利だと喜んでいました。

ただこの還元がいつまで続くかはわからないため、
そこが目当てで使いすぎないことが先決ですが・・。

そんな中で、
はじめてカードを利用する人たちは
何を契約したらいいのか、
契約したのがどんなカードか比べようがないため、
Yahoo!ではクレジットカードの比較ができるサイトをはじめたそうです。

カードはわたしの場合、
いろいろな経緯でなんとなく契約したものが多いですが、
なかにはリクルートカードのように、
ポイント還元率が高めなので、
それを目的として普段遣い用に契約したものもあります。

ネットショッピングがメインのカードは、
お店で使ったときの還元率が低いので、
ちりも積もればと目指すのであれば、必要だったと思います。

そういうふうにカードを選ぶようになるまでには
いろいろなカード利用経験がないとだめだったと思うので、
Yahoo!のサービスを役立てるだけの予備知識もまず必要かもしれませんね。

---------------------------------------------------------

ヤフーが運営する金融情報サイト「Yahoo!ファイナンス」は10月1日、1000種類以上のクレジットカードの詳細情報を比較できるメディアを開設しました。

 キャッシュレス決済とクレジットカード需要の高まりに対応。開設当初は国内最大級という1129種類のクレジットカードについて、100項目以上の詳細情報を掲載誌、検索や比較、申し込みサイトへの移動までワンストップで行えるのが特徴だとしています。

(ペイメントナビ(payment navi)--- -- 2019年9月25日)
-------------------------------------------------------------
posted by クレカクレカ at 09:33| Comment(0) | クレジットカード関連トピックス | 更新情報をチェックする

2019年09月28日

セブンイレブンとau PAY

セブンイレブンは、しばらく前に、
セブンペイが失敗したあと、
店頭での案内はどちらかというとお詫び一辺倒という感じでした。

しかし今は、軽減税率についての
但し書きがかなり貼ってあります。

軽減税率が適用になる商品と
ならない商品の見分け方など、
工夫しているお店もあります。

ちなみに他のコンビニでは、
お店によって、クレジットカードでの
まとめ買いのおすすめなども強化していましたが、
セブンではそういったものは見かけてはいませんね。

KDDIは、セブンイレブンで
au PAYを使った場合の優遇が案内されていたのですが、
そもそも、au PAYというのがあるのを知りませんでした。

au PAYは、バーコードやQRコードによるスマホ決済だそうですが、
あんまり聞いたことがないのは
auユーザーではないからでしょうが、
それにしてもPAYサービスには本当に多くあるものです。

セブン銀行でATMで残高チャージすると
プレゼントマネーがあるキャンペーンなども開催されるそうで、
auユーザーであれば使ったほうがいいと思われます。

これまで現金一辺倒だった人も、
キャリアの運営しているマネーであれば、
案内も多そうですし、ヘルプも充実しているのでは。

わたしの親戚一家もauですが、
電子マネーはまだ使っていないと思うので、
教えてみたいと思います。

---------------------------------------------------------

KDDIは2019年10月1日より、全国のセブン-イレブン(2万1,034店舗、2019年8月末時点)で、バーコードやQRコードをつかったスマホ決済サービス「au PAY」で買い物すると最大20%のau WALLET ポイントを還元する「セブン-イレブン最大20%ポイント還元キャンペーン」を開催する。

さらに、セブン銀行ATMからau WALLET 残高チャージで10,000円相当プレゼントする「セブン銀行ATMチャージキャンペーン」を開催する。抽選で5,000名に1万円相当のau WALLET 残高をプレゼントするそうだ。

(ペイメントナビ(payment navi)--- -- 2019年9月25日)
-------------------------------------------------------------
posted by クレカクレカ at 16:18| Comment(0) | スマホ決済 | 更新情報をチェックする

2019年09月14日

キャッシュレス導入が進まない小売店

キャッシュレス決済を政府が推し進めるのには、
以前とはまた違った思惑があって、
今はなんといっても、
消費税増税と同じタイミングで、
キャッシュレス決済人口をいっきに増やそうという狙いがあるようです。

どうしてキャッシュレス決済人口を増やしたいのか、
狙いはわたしにはぴんとこないのですが・・

中小の小売店でのキャッシュレス決済で、
支払額の5%が還元になるのであれば、
いつも利用している人など
こぞってキャッシュレス決済を使いそうですが、
今の所そうでもないのだとか・・

やはりこれまで利用していない人のハードルはまだまだ高いのか。

それと、小売店側のキャッシュレス決済導入の
ハードルもまだ高いという影響もあるようです。

政府に申請して認可を受けた小売店なら還元を受けられる、
という話なのですが、その認可の手間が惜しい・やり方が難しいなど、
日本の小さな小売店の実情と政府の思惑が
食い違っている可能性があるのでは、と思われますね。

特に田舎の小さな小売店は年配の経営者が多いですし、
導入費用を巻き返すほどにキャッシュレスでみんなが買ってくれるかもわからないのに、
導入できない、等もありそうですよね。

とにかく今の政府のやることは、
日本の一部しか見えていないような、
現実とのズレがあるように思います。

---------------------------------------------------------

2019年10月1日から消費税が引き上げられるが、中小の小売店で、キャッシュレスの手段によって商品を買うと支払額の5%を還元してもらえる。この還元分は日本政府が負担することになっており、政府はそのために2800億円の予算を投じるという。

実に耳寄りな話で、私はクレジットカード、電子マネー、スマホ決済などキャッシュレスの支払手段を何種類も用意して待ち構えている。だが、中小の小売店ならどこでも還元が受けられるというわけではなくて、政府に申請して認可を受けた小売店でなくてはならない。経済産業省によれば、その申請数は消費税の引き上げまで1カ月を切った9月6日の時点でもまだ58万件だそうで、日本全体の中小小売店の4分の1程度らしい。

(Newsweekjapan--- -- 2019年9月11日)
-------------------------------------------------------------
posted by クレカクレカ at 21:03| Comment(0) | その他のマネー関連ニュース | 更新情報をチェックする

2019年09月07日

日本でクレジットカード導入が遅れた理由

日本でクレジットカード普及が遅れた理由に、
加盟店手数料が高い、
カード決済に必要な端末を設置する費用が高い、
入金のタイムラグがあって
資金繰りに影響がある、
という点があげられていました。

わたしも、お店にとって
そういうことが多いのではないかと、
自分がカードを使いたいと思っても、
できるだけ使わずに済ませるように考えたりしていました。

特に、食事にカードを使うのは、
後ろに人が並んでいたりすると結構気を使います。

昔はカードを手動でコピーしていたりしたので、
なおさら時間がかかっていましたから。

また、いま普通にみていても、
カード決済のためのシステムや端末を導入するのは
たぶんとても高いんだろうなと推測されます。

そういったお店側の状況が、
カード利用が一般的にごく当たり前に行われることへの
ハードルのひとつだったことは確かだと思います。

今は、アプリというものが出来、
過去にそうだったよりは
導入の敷居は低くなっていると思います。

野外イベントなどでも
カード決済がしやすいように、
そういった仕組みも提供されるようになってきました。

いま、消費税増税を控えて、
国があわててキャッシュレス決済を盛り上げようとしています。

ちょっと性急かなと思うくらいに、
ポイント還元とか、値引きとか試みられていますね。

なにごとも慣れが必要なので、
では、ということで急にカードを使い始める人がどっと増えると、
利用のために妙に時間がかかる、
という別な事態が起こったりしそうで、
それは心配なところです。

---------------------------------------------------------

一つ目は、店が負担する加盟店手数料が高いことだ。経済産業省によると一般的にカード利用額の3~4%。これは小売業の営業利益率の平均2.8%を上回り「カード払いでは赤字」もあることを示す。二つ目はカード端末を設置する費用で、数万~数十万円がかかる。三つ目は、入金のタイムラグだ。カード決済から実際に店に入金されるまで半月~1カ月かかり、その間、資金繰りが厳しくなることがある。

(Yahoo!ニュース--- -- 2019年8月26日)
-------------------------------------------------------------
posted by クレカクレカ at 18:34| Comment(0) | クレジットカード関連トピックス | 更新情報をチェックする

2019年09月01日

LINEPayの新しいクレジットカード

LINEPay、話題の多い決済ですね。
少し前には、投資信託も開始して。

セブンペイがセキュリティの問題で中止となり、
それに伴ってわたしの印象としては、
セキュリティの難しいこういった決済方法の中で、
当初からずっと運用していても
そういった問題の起こっていないLINEPayは、
やはりいろいろなノウハウがあるのだなあという感じで、
信頼しています。

そのLINEPayで、オリコ、visaと提携した
クレジットカードがリリースされるとか。

国際ブランドがvisaで、会費は2年目から。

1度のショッピングで会費は払わなくてよくて、
還元率が3%と高いですね。

わたしはポイントを貯めるのは、
ちょっとしたご褒美感覚で結構好きなので、
利用方法がLINE以外にもあるなら、
貯めてみたい気はします。

---------------------------------------------------------

LINE Pay・オリコ・Visaが連携して発行するクレジットカードの先行予約が8月中に開始する予定

 このクレジットカードは、国際ブランドがVisaで、初年度の年会費が無料。次年度以降も、年間1回以上のカードショッピング利用で無料になる。ポイント還元率は、初年度が3%と高還元率。次年度以降の還元率は、まだ明らかにされていない。なお、年間1回以上のショッピング利用がない場合は、税別1250円の年会費が発生する。

(BCN+R-- -- 2019年8月26日)
-------------------------------------------------------------
posted by クレカクレカ at 09:23| Comment(0) | クレジットカード関連トピックス | 更新情報をチェックする